落ちこぼれ戦記

犬耳美少女の皮を被った人生の敗北者がどうでもいいことを書き綴るただの日記

補修してみる

皆さんこんばんわ。字が汚いことで有名な私こと負け犬です。

 

 

 

 

 

私、よく足がつりそうになるんですよね。

 

ちょっと無理な姿勢をしようとするともれなくつりそうになります。

 

確か運動不足だとつりやすくなるんでしたっけ?

 

よくわかりませんけど。

 

私の仕事はわりと肉体労働ですが、さすがに運動の代わりにはならない様ですね。

 

まぁそりゃそうか。

 

 

 

 

 

 

いやぁ、今日の私の生息地はとても良い天気だったんですよこれが。

 

基本的に引きこもりな私でさえ『こんなに良い天気だと外に出ないのは勿体ない』と思うくらいの晴天だったんですよこれがまた。

 

そんなわけでね、バイクに乗って独り寂しく近場をブンブンしようと思ったんですよこれがまたまた。

 

で、いざバイクに乗ろうと思ったときにね?見てしまったわけなんだなこれがこれがまた。

 

 

 

 

f:id:AKI1200:20181103182223j:plain

f:id:AKI1200:20181103182246j:plain

 

おわかりいただけただろうか?

 

え?わからない?

 

んもぅ、欲しがり屋さんね☆

 

ではもう少し拡大します。

 

 

 

 

 

f:id:AKI1200:20181103182326j:plain

 

f:id:AKI1200:20181103182745j:plain

 

塗装が剥げとる

 

 

ぴぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ阿阿ぁぁぁぁぁ阿ァァァァァァァぁぁ!!!!!????

 

 

とととととととt塗装がががぎゃぎゃぎゃぎゃややっやややややっやややy←落ち着け

 

 

あ!僕知ってるよ!こういうのって放置しておくとさらに塗装がメリメリ剥がれていったりするんでしょ?

 

そんでね、剥がれた個所が錆びて逝くってせんせー言ってたもん!

 

 

嫌ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!

 

 

・・・すまぬ、取り乱してしまったでゴワス。

 

それくらいブルーな気分になったのよね、この塗装剥がれを見た時は。

 

もうね、思わずどこまでも青く晴れ渡った空を見上げて

 

あぁ・・・空はこんなに青いのに、お先は真っ暗

 

って思っちゃった、いやホントに。

 

『こんな小さい塗装剥がれで騒いでんじゃねぇよタコ』

 

っていう声が聞こえてきそうですが、聞こえないふりを決め込みます。

 

あーあー聞こえない聞こえなーーい。

 

恐らく走行中に飛び石でも当たって塗装が剥がれてしまったんでしょうね。

 

このまま放置しても何も良いことはなさそうなので、とりあえず最低限の処置はしておこうと思いました。

 

 

 

 

 

 

f:id:AKI1200:20181103184211j:plain

 

そんなわけで、飛んでいるハエが止まるかのような勢いでバイク用品店に駆け込んで塗料を買ってきました。

 

エンジン部分用の耐熱塗料(ブラック)です。

 

エンジンは高温になりますので、普通の塗料だとその熱に耐えられません。

 

さて、では早速この塗料を塗って逝きましょう。

 

 

 

 

f:id:AKI1200:20181103185547j:plain

 

まずはパーツクリーナーで脱脂します。

 

 

そして先ほどの耐熱塗料を塗ります。

 

買ってきた塗料はスプレータイプです。

 

しかし、バイクに直接スプレーして塗ってしまうと余計な箇所まで黒くなってしまう恐れがあります(剥げた範囲も狭いし)

 

きちんとバイクを養生しておけばいい話ですが、そういうのが面倒なので

 

 

 

f:id:AKI1200:20181103185743j:plain

 

そこら辺に転がってた段ボールにプシューっとスプレーして

 

 

 

f:id:AKI1200:20181103185856j:plain

 

綿棒に塗料をこすりつけて

 

 

 

 

 

f:id:AKI1200:20181103185941j:plain

 

塗る

 

ただこれだけ。

 

スゲー雑な作業でしょ?

 

 

 

 

f:id:AKI1200:20181103190104j:plain

 

はい、塗り終わりました。

 

塗装が剥がれた跡は残っていますが、色はちゃんと周りと馴染んでいるのでよしとしましょう。

 

 

 

 

f:id:AKI1200:20181103190313j:plain

 

ほら見て!少し離れるとどこが補修箇所なのか全然わからないよ!

 

だからこれでいいのだ!

 

あとは一度エンジンをかけて補修箇所を温めて塗料を硬化させれば作業完了です。

 

こういう小さな塗装剥がれはわりとありがちなことなので、今後も見つけたらその都度補修しようと思います。

 

 

 

 

ということで今回はここまで。

 

それではまた次回(^o^)/

 

 

 

 

 

 

f:id:AKI1200:20180816210608p:plain